« フィギュア日米対抗 日本女子の勝利 | トップページ | MLB メッツ vs. カージナルス メッツ勝利で逆王手! »

2006年10月17日 (火)

セリーグ全日程を終了 個人タイトル決定

にほんブログ村 スポーツブログへ ←1クリックお願いします押してください!!

【打撃部門】
 福留が首位打者、ウッズが本塁打王・打点王の2冠と、主要部門を中日勢が独占した。福留は2位の李スンヨプ(巨人)に2分以上の差をつける独走で、02年に続き2度目のタイトル。ウッズは47本塁打、144打点とともに自己最高の数字で、本塁打は横浜時代の03、04年に続き3度目、打点は初のタイトルとなった。中日勢以外で奮闘したのが青木(ヤクルト)。史上初の2年連続の200本安打には8本足りなかったが、最多安打部門を2年連続で制したほか、初の盗塁王にも輝いた。ヤクルトの選手が盗塁王となるのは92年の飯田以来14年ぶり。昨年まで5年連続盗塁王の赤星(阪神)は2位に終わった。
 【投手部門】
 こちらも川上が最多勝、岩瀬が最多セーブと中日勢が活躍。川上は04年以来2度目、岩瀬は2年連続2度目のタイトルとなった。川上は井川(阪神)と並び最多奪三振にも輝いた。最優秀防御率は黒田(広島)が初の栄冠。1点台での受賞は89年の斎藤雅樹(巨人=1.62)以来17年ぶり。最優秀中継ぎは、藤川(阪神)と加藤(横浜)がホールドポイント35で並び、ダブル受賞となった。藤川は昨年に続き2度目、加藤は初。【神保忠弘】
 ▽中日・川上 自分の役割が果たせた。悪い時も最低限のピッチングができた結果だと思う。
 ▽横浜・加藤 タイトルを取れるとは思わなかった。今季65試合に登板し、そういうところ(中継ぎ)でしか役立てなかったが、そこに充実感を覚えるし、年間通してやってきたことが評価されたのはうれしい。

セリーグは全日程を終了して、さすがに優勝した中日がタイトルをほとんど取りました。特にウッズの本塁打47本は凄い!

阪神はやはり藤川の活躍が目立った一年でした。

|

« フィギュア日米対抗 日本女子の勝利 | トップページ | MLB メッツ vs. カージナルス メッツ勝利で逆王手! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ全日程を終了 個人タイトル決定:

» セ・リーグ終了で黒田さん&井川&岩村の動向 [スポーツ瓦版]
中日VS広島と阪神VSヤクルトで今季セ・リーグが終了した 日本シリーズで中日VS日ハムとアジアシリーズ&日米野球だね 今日の試合で完封し奪三振を獲得した井川&ヤクルト岩村は ポスティング挑戦する可能性あるが井川20億で岩村10億かな 防御率タイト....... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 09:23

» 井川のメジャーは [CherryBomb's blog]
最近の井川は、とってもナイスでした。 球児の涙以来、井川は変わったのかと思います。 今の状態ならメジャーへ行っても通用すると思います。 彼の中で足りなかったのは気持ちだけでした。 エースとして、チームの一員として結果を残す気持ちの問題だけだったんで...... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 23:35

« フィギュア日米対抗 日本女子の勝利 | トップページ | MLB メッツ vs. カージナルス メッツ勝利で逆王手! »