« 阪神ソフトバンクに惨敗 交流戦 | トップページ | サッカーW杯日本代表発表! »

2006年5月14日 (日)

フィギュアスケート・ジャパンオープン 日本が逆転優勝!

にほんブログ村 スポーツブログへ ←今日もクリックの協力お願いします!

今日さいたまスーパーアリーナで行なわれたフィギュアスケートのジャパンオープンは
日本、北米、欧州3地域が団体戦形式で争い、日本が浅田真央(15=愛知・中京大中京高)の活躍などで合計491・08点で逆転優勝を果たした。2位は北米で473・34点、3位は欧州で445・72点だった。
 日本は前半の男子の部でプロ選手の本田武史、トリノ五輪8位の高橋大輔(関大)らが2位と出遅れた。だが、後半の女子の部で安藤美姫(トヨタ自動車)が追い上げ、最終演技者の浅田が女子6選手では最高の125・72点をあげて逆転優勝に導いた。

トリノ5輪以来久しぶりに見た安藤選手、一回転倒しましたが以前よりジャンプに安定感があってなかなかの演技でした。それよりもやっぱり凄かったのは最後に滑った浅田真央選手15歳でもう風格すら漂う演技で、女子の中ではトップの125・72点でした。とにかく日本の初優勝おめでとうございます。

|

« 阪神ソフトバンクに惨敗 交流戦 | トップページ | サッカーW杯日本代表発表! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート・ジャパンオープン 日本が逆転優勝!:

« 阪神ソフトバンクに惨敗 交流戦 | トップページ | サッカーW杯日本代表発表! »