« 2・10日本VS米国正式決定 | トップページ | <J1>ガ大阪、大混戦制し初優勝 »

2005年12月 3日 (土)

トリノ聖火最終走者にバッジオ浮上

トリノ五輪開会式(来年2月10日)の聖火最終走者に、イタリア・サッカー界の至宝、ロベルト・バッジオ(38)がリストアップされていることが明らかになった。セレモニーを担当するディレクター、ロベルト・ベニーニ氏がトリノの地元紙に語ったもので、本命視されているスキー界の英雄、アルベルト・トンバ(38)と“マッチレース”の様相を呈してきた。

 バッジオは昨季に現役を引退。しかしW杯本大会にイタリア代表として3度出場し、トリノを本拠とするユベントスに在籍(90年から5季)したこともあって、国内の人気と地域密着度は揺るぎないものがある。ベニーニ氏はトリノのラ・スタンパ紙のインタビューに答え「大穴ではあるけれど」と前置きした上でバッジオの名前を公表。それが国民の支持を得ていることもほのめかした。

これは大穴でも何でもいいんで、個人的にバッジオが聖火ランナーしてるところが見たい。

|

« 2・10日本VS米国正式決定 | トップページ | <J1>ガ大阪、大混戦制し初優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121439/7443737

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ聖火最終走者にバッジオ浮上:

« 2・10日本VS米国正式決定 | トップページ | <J1>ガ大阪、大混戦制し初優勝 »