« 日本、松井の決勝弾で1-0勝利 アンゴラ戦 | トップページ | 2006年ワールドカップ 本大会出場32カ国が出そろう »

2005年11月17日 (木)

韓国下し日本初勝利 米国は五輪女王の中国破る

バレーボールの国際大会、ワールドグランドチャンピオンズカップ女子大会第2日は16日、東京体育館で行われ、日本は韓国を3-0(25-23、27-25、25-21)で下して通算成績を1勝1敗とした。韓国は2連敗。
 サーブレシーブが安定しない日本は苦しい展開となった。第2セットは先にセットポイントを奪われたが、大山(東レ)の強打と高さを生かした選手交代が奏功して競り勝ち、第3セットも接戦となったが突き放した。
 米国はアテネ五輪覇者の中国をストレートで破り2連勝、中国は2連敗。優勝候補のブラジルはポーランドに3-0で快勝して2勝目を挙げた。

とりあえず韓国にストレート勝ちし、ほっとしたがここからが本当の勝負、中国が2連敗したのは気になるが・・・

|

« 日本、松井の決勝弾で1-0勝利 アンゴラ戦 | トップページ | 2006年ワールドカップ 本大会出場32カ国が出そろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121439/7153276

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国下し日本初勝利 米国は五輪女王の中国破る:

« 日本、松井の決勝弾で1-0勝利 アンゴラ戦 | トップページ | 2006年ワールドカップ 本大会出場32カ国が出そろう »