« F1のフィジケラが一般道148キロ、子供が熱出し | トップページ | バレー日本、エジプトに辛勝! »

2005年11月22日 (火)

<体操>男子個人総合、冨田と水鳥が決勝進出 世界選手権

体操の第38回世界選手権が22日、当地で開幕した。第1日は男子個人総合と種目別の予選が行われ、男子個人総合は冨田洋之(セントラルスポーツ)がトップの57.223点、水鳥寿思(徳洲会)が2位の55.686点で24日の決勝に進んだ。3位は今年の欧州選手権を制したラファエル・マルティネス(スペイン)、4位はアテネ五輪で銀メダルの金大恩(韓国)だった。

最近日本の体操が復活の兆しを見せている、今回予選トップの冨田選手といい、2位の水鳥選手も本番で実力をそのまま出せているのは凄い、このまま決勝もいい演技でメダル獲得して、体操王国を復活させてください。

|

« F1のフィジケラが一般道148キロ、子供が熱出し | トップページ | バレー日本、エジプトに辛勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121439/7267987

この記事へのトラックバック一覧です: <体操>男子個人総合、冨田と水鳥が決勝進出 世界選手権:

« F1のフィジケラが一般道148キロ、子供が熱出し | トップページ | バレー日本、エジプトに辛勝! »