« 駒大苫小牧暴力問題 | トップページ | 高橋尚子復活? »

2005年8月24日 (水)

明洋男子が準優勝 全国中学体操選手権7年ぶり3回目

今月の21日、22日に静岡県の中央体育館で行われた

第36回全国中学校体操競技選手権大会・男子団体で、

田辺市立明洋中学校の体操部が98年以来7年ぶり3回目

の準優勝を果たした。

これは凄いことで、個人でも柴田翔仁選手(3年)がゆかで4位、

個人総合で7位の成績を残した。柴田選手は、U―18(18歳以下)

のジュニア日本代表選手候補に選ばれており、9月2~4日

に東京で行われる選考会に出場するらしい。

聞くところによると、田辺市は昔から体操が強く、最近では

携帯の宣伝に出ていた体操選手田中光選手も田辺市出身で

一時期明洋中学も体操部が無くなった事があったが、

現田辺工業監督の柴田達也監督が復活させて、現在まで

全国でもトップレベルの体操部を誇っている。

田辺工業体操部も毎年連続でインターハイに出場し上位に

進出、毎年体操の強い大学に選手を輩出しているということです。

|

« 駒大苫小牧暴力問題 | トップページ | 高橋尚子復活? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121439/5619955

この記事へのトラックバック一覧です: 明洋男子が準優勝 全国中学体操選手権7年ぶり3回目 :

« 駒大苫小牧暴力問題 | トップページ | 高橋尚子復活? »