« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

バレーアジア女子選手権 9月1日開幕

いよいよ明日から第13回女子バレーアジア女子選手権大会

が中国で行われる。

前回7月にワールドグランプリで5位の日本は今回は

どんな戦い方を見せてくれるのか楽しみだ。

ただ1次リーグB組の日本は韓国と同じ組で

場所が中国と完全にアウェーでの戦いになるので

ここは日本の意地でぜひ勝利してきてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバレーボールチーム「まさこーず」

昨日新庄第二小学校で、毎週月曜日にソフトバレー

をしているチームmasako2 の代表内野さん

部員の愛瀬さんと中島さんと周産にインタビュー

しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバレーボールチーム「ハローフレンズ」

「Cap_00166.mp3」をダウンロード

ネットラジオ第五弾

ハローフレンズの皆さんのインタビューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

楽天最下位、全球団負け越しが決定

当初の予想通り楽天の最下位が決まった。

7月は10勝9敗1分けと何とか持ちこたえていたが

8月に入って2勝20敗ともうどうにも負けが止まらなく

なっている、まぁベテランで何とか今まで持ちこたえていたが

やはり8月の暑さはベテランには少しきつかったようだ。

決して田尾監督が悪いんじゃないと思うが・・・

100敗を目の前にして三木谷オーナーがどれだけ

補強出来るかに来期はかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PRIDE GP 2005決勝戦 続く

昨日の試合を振り返ってみると、リザーブマッチから

見所のある試合で、中村和裕対イゴール・ボブチャンチン

は寝技の中村と立ち技のボブチャンチンが激突した。

終始寝技に持って行った中村だったが、ボブチャンチンの

寝技のディフェンスもすばらしく、なかなか勝負はつかなかったが

ボブチャンチンに何もさせなかった中村の判定で勝利した。

ミドル級準決勝は因縁の対決でヴァンダレイ・シウバが

ヒカルド・アローナに判定負けした。

ヒカルド・アローナは打撃も強くシウバもいつもの打撃

がほとんど出せないまま、グランドに持ち込まれてアローナの

策略に完全にはまっていた。

ミドル級無敗のシウバがあんなになすすべなく負けたのには

驚いた。

もう一つの準決勝はマウリシオ・ショーグンが危なげ無く買って

決勝に進んだ。

もう一つのワンマッチ吉田秀彦対タンク・アボットの試合は

明らかに寝技素人のアボットが吉田選手にいいように料理

されていた。

、ヘビー級タイトルマッチのミルコ対ヒョードルだが、

スタンディングでヒョードルの圧力にミルコが後ろに下がって

いたのが印象的で、途中ミルコのパンチが何発か当たって

ヒョードルがよろけたときも、恐ろしいパンチでミルコを跳ね返して

いた。しかしミルコも最後までよく耐えたと思う、あのヒョードルの

グランドでの倒れながらのパンチあれは当たったら昇天するような

パンチだった。

最後のミドル級の決勝はいい勝負かな?と思っていたが、

ショーグンがあっという間にアローナをノックアウトして

終わった。寝技世界一位もショーグンの前にはなすすべが

無かった。桜庭もこのショーグンとシウバと練習していたら

強くなって帰ってくるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PRIDE GP 2005決勝戦 ミルコVSヒョードル

いやー昨日のPRIDE GP 2005決勝戦

なんて言うかミルコVSヒョードルの試合を見たら

他の試合の事忘れました。

とても人間の試合とは思えないほど凄かった。

ミルコのあんなに怯えた顔もあんまり見たことないし

ヒョードルのあんなによろけるのも見たことないし

見てる方はとても面白い試合でした。

しかしヒョードルに勝てる人間がこの世の中に本当に

いないような気がしてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月28日 (日)

キックベースボール第9回朝日新聞社杯

またまた以前取材したチーム「みなと」が今日行われた

朝日新聞社杯でAチームBチーム共見事優勝しました。

今回11チーム参加で一試合目協和に20-0と準決勝

は上野山に11-4、決勝は上秋津に5-1と今回は危なげ

無く優勝を飾りました。

これで最近の戦績優勝2回準優勝1回とかなりの強豪

になってます。

今日はどこかで祝賀会でもしてるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

UEFA杯1回戦組み合わせ決まる

いよいよ9月15日に迫ったUEFA杯1回戦組み合わせが決まった。

この大会には中田英(ボルトン)、高原(ハンブルガーSV)、

中田浩(マルセイユ)、小野(フェイエノールト)と4人の日本人選手

が出場するが、残念ながら4人とも違うグループなので、

1回戦は日本人直接対決が見れない。

まぁ中田英にしてみれば移籍してすぐにこれだけ大きな大会に出る

チャンスがめぐってきたのでここで勝ち上がって、イタリアの

チームに勝利してフィオレンティーナの首脳陣を後悔させてほしい

ものだ。

しかし、このUEFA杯の1回戦が9月15日で日本代表のホンジュラス

戦が9月7日、このホンジュラス戦には欧州組が召集される予定

なのでかなりの強行日程になりそうだがW杯に向けての絶好の

アピールになるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

高橋尚子復活?

高橋尚子が2003年のアテネ選考依頼本格的に

マラソン復帰するらしい、9月4日「ロックンロールハーフマラソン」

に練習を兼ねて出場し11月20日の東京国際女子マラソンで

完全復活を目指す。

ユーマ的にもこの東京国際で復活して、先日世界陸上で

これまた完全復活したラドクリフとアテネ金の野口選手と共に

北京で熱い戦いを見せてほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

明洋男子が準優勝 全国中学体操選手権7年ぶり3回目

今月の21日、22日に静岡県の中央体育館で行われた

第36回全国中学校体操競技選手権大会・男子団体で、

田辺市立明洋中学校の体操部が98年以来7年ぶり3回目

の準優勝を果たした。

これは凄いことで、個人でも柴田翔仁選手(3年)がゆかで4位、

個人総合で7位の成績を残した。柴田選手は、U―18(18歳以下)

のジュニア日本代表選手候補に選ばれており、9月2~4日

に東京で行われる選考会に出場するらしい。

聞くところによると、田辺市は昔から体操が強く、最近では

携帯の宣伝に出ていた体操選手田中光選手も田辺市出身で

一時期明洋中学も体操部が無くなった事があったが、

現田辺工業監督の柴田達也監督が復活させて、現在まで

全国でもトップレベルの体操部を誇っている。

田辺工業体操部も毎年連続でインターハイに出場し上位に

進出、毎年体操の強い大学に選手を輩出しているということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

駒大苫小牧暴力問題

この手の問題の話を聞くと残念で仕方がない。

しかも優勝したチームともなると余計に問題に

なってくる。

しかも6月と大会期間中の8月にもあったとなると

学校側も知らなかったではすまない事であるし

明徳義塾の問題とどう違うのか?と思いたくなる

一番かわいそうなのは実力で全国優勝した選手達

である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回南部郷少年スポーツ大会 キックベースボールチーム みなと

まだ番組でインタビューを紹介出来ていませんが。

前に取材させてもらったキックベースボールチーム

「みなと」が8月17日南部郷少年スポーツ大会に

出場し決勝では敗れたものの準優勝に輝いたそうです。

また次の大会に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

PRIDE GP 2005決勝戦

いよいよ、今週の日曜日に迫ってきました、

PRIDE GP 2005 決勝戦 人類60億分の1

ミルコVSヒョードルなんですが、その他の

カード、ミドル級GP準決勝、ワンマッチでは吉田秀彦

が登場と全く目の離せないカードになってます

ユーマの個人的に気になる試合はミドル級GPの

切れてナーイのヴァンダレイシウバVS桜庭を倒した

ヒカルド・アローナの一戦です。

皆さんはミルコとヒョードルどっちが勝つと思いますか?

どっちにしても判定以外で勝負を決めてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!1000件ヒット

とりあえず、2ヶ月足らずでカウンター1000件越えしました。

これもひとえに見てくれている皆さんのおかげです

これからも良かったらスポチャンブログに寄っていってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

亀田が東洋太平洋タイトルを獲得

亀田が東洋太平洋王座を獲得した。プロボクシング

「第321回ガッツファイティング」が21日、横浜文化体育館で行われ

亀田興毅(協栄)が東洋太平洋フライ級王者ワンミーチョック・シンワンチャー

を3ラウンド0分50秒、TKOで下し、同王座を奪取した。

「やっぱり強かったなー」と言うのが素直な感想です。

もうちょっと前王者もがんばって欲しかったが・・・

今まであまりにも試合が終わるのが早すぎて実力がわからない

という声もあったが、東洋太平洋王座相手にあのディフェンス

とカウンターは本物でしょう。

しかし本人も緊張したと言っていたが緊張して実力を出しきれるのは

精神的にも強い証拠だと思う。父親ももなんだかんだ言ってかなり

嬉しそうだったし。

今後世界王者に向けてどう勝ち進んで行くか楽しみである。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

プロボクシング「ワンミーチョック×亀田興毅」

今日は一番楽しみなのが東洋太平洋フライ級タイトルマッチ

(横浜文化体育館)の亀田VSワンミー戦だ。

何かと話題の多い“浪速の闘拳”だが今回全国ネットで

タイトルに挑戦するのでどれだけのパフォーマンスを見せて

くれるのか非常に楽しみだ。

ただかつての辰吉選手しかり勝ち続けてる時はいいのだが

負けた時にどうするか?まぁ負ける事なんて考えてないと

思うが・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月20日 (土)

西牟婁クラブバスケットボールサマーゲーム05

「Cap_1119.mp3」をダウンロード

ネットラジオ第4弾西牟婁クラブバスケットボールサマーゲーム05

の代表榎本さんと他選手3名のインタビューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

桜庭、無期限でブラジル修行

桜庭和志が昨日急にブラジルに武者修行に旅立ったらしい、

前試合のPRIDE GP2回戦のアブダビのアローナの膝蹴りで

惨敗して、引退もささやかれて心配していたので内心ほっとした

あの宿敵ヴァンダレイ・シウバの所属するシュートボクセ・アカデミー

で無期限の練習をするらしい、ユーマとしてはかつての強い

桜庭和志の復活を祈るばかりである。がんばれ桜庭!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田辺ミニバスケットボールクラブ

8月6日に田辺第二小学校の体育館で木、土、日と週3回

バスケットの練習をしている田辺ミニバスケットボールクラブ

minibasu1

の取材に行ってきました。

この田辺ミニバスケットボールクラブは昭和55年から

20年以上続く歴史のあるチームで、監督の西嶋さん

とコーチ2名で熱心に指導されていました。

現在部員が15名で白浜からもクラブに通っている

部員がいるそうです。

部員も随時募集しているという事なのでぜひ興味

ある小学生の方は気軽に練習を見に行ってください。

インタビューは番組で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

中田英が入団記者会見

セリエAのフィオレンティーナからプレミアリーグのボルトンに移籍が

決まった中田英が今日入団会見したのだが、通訳無しで英語で

質問に答えていたのには驚いた。

思えばセリエAのペルージャに入団が決まったときも、イタリア語

で入団会見の質問に答えていたのを思い出すと、移籍する国に行く

前からサッカーだけじゃなくてその国の言葉とか文化も自分の中に

取り入れてすぐに順応できるように用意できているのは、凄いプロ

精神だと思った。まぁ中田選手の場合それを見込んでずいぶん前

から語学をマスターしてるんだろうけど。

ところであの日本代表監督のジーコが昨日イラン戦の後に日本語

で挨拶してるのにもびっくりした。

日本に来て10年ぐらい全く日本語を喋る気配すら無かったジーコ

がここに来て日本語を喋るのはなにか訳でもあるのだろうか?

やっぱりこれだけ日本にいて日本語を覚えないとなると日本人から

日本になじむ気が無いとか色々反感をかわれるからなのか?

それともただ本当に嬉しくてちょっと日本語喋りたかっただけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

W杯アジア最終予選 日本VSイラン

横浜国際競技場で行われたアジア最終予選

日本対イランの試合は2-1で日本が勝利し

逆転1位で予選突破した。

いやー今日の試合、人間て気持ちでここまで

変われるのかと思わされた試合だった。

ジーコの東アジア選手権での荒療治がいい結果

をもたらしたのか、それともサポーターの気持ちが

乗り移ったのか、日本は前半から完全にイランを

圧倒して最後には加地のシュートで1点目、後半

にも押し込んでオウンゴールで2点目、それから足が

止まって1点取られたが何とか最後まで集中を切らさずに

イランを振り切った。

とにかく今日は最高に気分が良い日本代表最高!!!

今日は焼酎一気飲みでベロベロになってます。

まっちゃんも見てた?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

FieLDS K-1WORLD GP 2005 in LAS VEGAS

いやーマイティ・モーフランソワ・ボタの試合は

引っ張った割りにあっけなく終わってしまい

もう一つだった。でもそのかわりに開幕戦の最後

の一つの座をかけたトーナメントはなかなかいい

試合ばかりで特に見た人ならわかると思うが、

マクスタイVSカラエフの死闘は今年のベストバウト

と呼べる試合だった。

今年のGPは誰が勝つのか予想できなくなってきたな。

みなさんどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

全国高校野球 ベスト8

甲子園今日は4試合が行われ、駒大苫小牧、日大三、樟南、鳴門工

がベスト8を決めた。ここまで来たら実力も拮抗して毎回良い試合が

見れるのだが、今年は前評判通り大阪桐蔭の辻内投手が凄い

左で150キロ近い玉を最終回まで投げられたらなかなか打ち崩すのは

難しいだろう、初戦は緊張してたらしいけども藤代戦では19奪三振と

本来のピッチングを取り戻していたので、これから先辻内投手を

打ち崩せるか、それとも抑えられるか観戦するものにとっては楽しみ

です。ただ辻内投手の調子が悪くても後に控える1回戦で活躍した

スーパー1年生の中田投手がいるので大阪桐蔭を打ち崩すのは

難しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

世界陸上 マラソン

昨日の男子マラソンで

不屈のGTO

尾方 剛(中国電力) 

が見事3位で銅メダルを獲得

今日の女子はあのアテネで泣いたラドクリフ

金メダルこれは凄かった。

やはり世界最速の選手だけの事はある。

日本人選手では最強ニッポンの最新兵器

原 裕美子(京セラ)

がラドクリフに勝負を挑んで6位入賞でこれも

すばらしい。

最強の最年長

弘山 晴美(資生堂)

も8位とがんばった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバレーボールチーム「スウィング」

「Cap_0019.mp3」をダウンロード

ネットラジオ第三弾ソフトバレーボールチーム

「スウィング」の皆さんのインタビューです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

キックベースボールチーム みなと

8月6日に田辺第二小学校で、練習している

キックベースボールチーム「みなと」の取材に

行って来ました。

minato1                          

最近田辺ではキックベースボールが盛んで

このチーム「みなと」も部員が30名以上いて

先月7月24日に田辺市神島台グラウンドで

行われた「紀伊民法杯」ではAの部Bの部

とも見事優勝を飾ったという事です。

監督の福田清文さんと選手3名にインタビュー

してきているので番組で聞いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

世界陸上 棒高跳び

昨日少し世界陸上の棒高跳びを見たが、日本の澤野選手がメダルは

逃したが8位に入賞した。

今日は女子の棒高跳びが行われるのだが、出場する選手の腹筋に注目

してしまう、なんであんなに凄い腹筋しているのか?

あんな腹筋最近ア○トロニックの宣伝でしか見たこと無いし・・

ところで世界陸上の選手に一人一人キャッチコピー付いてるの

知ってますか?

最近400mハードルで、銅メダルを取った為末選手は「ラストサムライ」

とか昨日の棒高跳びの澤野選手は「AIR大地」とかついてるんですが

外人選手でどうしても理解できないキャッチコピーがあって

400mのフランスの選手マルク・ラキルの場合「ムッシュ独占禁止」

て意味がわからんし?

あと110mハードルのアレン・ジョンソン(アメリカ)の「ハードルなぎ倒し男」

て倒したらあかんやん。

皆さんも他にもいろいろあるので一度調べてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

中田英 イングランドでプレー!

やっと日本代表の王様中田英俊選手が、

セリエAフィオレンティーナからプレミアリーグ

ボルトンへの移籍が決まった。

さすがにフィオレンティーナであれだけ干されると

中田選手自身セリエAにも嫌気がさしていたに

違いないし、このまま試合出場が無いとドイツW杯

出場も危ぶまれるので、最後の賭けに出たのでは

ないだろうか?

一足早く中村俊輔選手がスコットランドのセルティック

で活躍し始めてかなり日本に向けてアピールしているので

中田選手もそれに続けて活躍しているところを早く見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

阪神が首位をキープ!

一昨日の中日との首位決戦7-1から10点を取られ

いやーな負け方をした阪神ですが昨日はなんとか

逃げ切り連敗を5でストップ首位をキープしました。

井川投手で負けたときはどうなるかなーと思ったんですが

福原投手で勝てたのは大きいかな。

しかしあの井川投手の後ろ髪は何とかならないのか?

と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

くちくまのサマーカップその2 富田サッカースポーツ少年団

この間白浜サッカー少年団の山本さんにくちくまのサマーカップ

の結果を聞きましたが、もう一つ取材した富田サッカースポーツ

少年団の広畑監督に試合結果を聞きました。

予選リーグはなんと一位通過という事でしたが、決勝リーグは

一回戦玉手戦で3-2で競り負け敗退したということです。

しかし広畑監督いわく今回は全試合とも良い内容で

「決勝リーグで負けはしたけども試合内容には満足!」

と手ごたえはかなりあったようです。

今後の富田サッカースポーツ少年団の活躍に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

世界陸上ヘルシンキ大会

最近巷では世界陸上が行われていて、ユーマも見ようと思うのだが・・・

放送時間帯がどうも悪くて、ビデオにとってでも見ようとは思わず

サッカーだったら見るんやけども

(全国の陸上ファンの方すいません)(*_ _)人

結果だけは毎日チェックしてますが日本人の活躍をもっと

期待してます。フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

しかしあの午前0時ぐらいの時間帯に視聴率13%と言うのは

結構見てる人が多いのにはちょっと驚きました。

最近の巨人戦の視聴率よりいいやんか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7回くちくまのサマーカップ!!

 昨日前に取材させてもらった、白浜サッカー少年団のコーチの山本さんから

連絡があり試合結果を教えてもらいました。

結果は白浜vs粉河0-5 白浜vs長池0-6 白浜vs玉手1-2 白浜vs串本0-1

白浜vs牟婁Jr4-0 と5試合で1勝5敗で総合で12位でした。

山本さんいわく今回は「メンバーが集まらず満足できない試合内容でした」

ということだったが、次に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

東アジア選手権最終戦日本対韓国戦

 最後の最後にやってくれました。中澤初戦の北朝鮮戦

のミスを払拭する見事な左のアウトサイドのシュートが

決まり宿敵韓国にアゥエーで勝利しました。

シュートが決まった瞬間テレビの前で叫んだのは僕だけでは

ないだろう。

今日の試合はまさに「死闘」と言ってもおかしくない試合で

とても最下位争いの試合には見えなかったし両チーム

共とてもすばらしい試合だった。

しかし一試合目の中国と北朝鮮の試合も見たがなぜあんな

チームに勝てなくて韓国に勝てたのか?理由がわからない

とにかく今日の勝利はとてもとても嬉しい中澤はやっぱり

アジア最高のプレイヤーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

ハローフレンズ

 同じく新庄第二小学校で毎週木曜日に活動している

ソフトバレーのチーム「ハローフレンズ」hello にも取材を

申し込んで代表の田尾さんと他3名の方にもインタビュー

取材させていただきました。

ハローフレンズは創部2年目のチームで、若い人たち

が多くて楽しみながらソフトバレーをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本女子サッカー韓国とドロー

 東アジア女子サッカー大会2005日本女子は

韓国と対戦し引分けに終わった。今日の試合

日本は前半からゲームを有利に進め再三韓国

ゴールを脅かすが、決定的な場面もゴールを

決める事が出来ずに最後まで韓国ゴールを

わることが出来なかった。これで今大会3位という

残念な結果になった。

しかしあれだけ攻め込んで3試合で1点も取れない

というのは日本が単についていないだけではすまない

問題でフィジカルでも今日の試合は完全に韓国に

韓国に勝っていたにもかかわらず、ラストシュートが

ゴール枠に入らないのは日本の今後の課題の一つだろう。

それにしても、今大会は男子・女子とも実力では勝っている

チームに散々苦しめられる展開となったが、これがアゥエー

の怖さなんだとつくづく思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

エースクラブ

 昨日の夜、突撃取材で新庄第二小学校に行ってきました。

そこでは、コートを2面に分けてバレーボール&ソフトバレーの練習をしてました。

バレーボールのチームは「エースクラブ」esclub で聞くところによると県大会で優勝して

近畿大会に出場する強豪クラブでした。

取材も快く承諾してもらいまして、代表の武田さん、選手の大橋さん、藪さんと

インタビューさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明徳義塾甲子園出場辞退

 今回非常に驚いたのは、抽選会が終わってからの出場辞退であったこと。

事件は高知県大会の前で一ヶ月も前の話、その時点で申し出があれば

出場も可能であったらしい。実力で勝って甲子園出場を決めた選手にとっては

余計に残酷な結果となったが、変わりに出場する高知にはぜひ明徳の

分までがんばって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 3日 (水)

東アジア選手権 日本代表対中国

 今日の試合スタメンを全員入れ替えての試合だったが、

結果は2-2の引き分け、結果としては不満が残る試合

だったが、ただ今の熟成された日本代表に足りない物が

見えた試合だった。

特に巻選手と田中選手は良かった。前を向いて飛び込んでいく

巻選手とパスを受けると同時に相手をかわしてシュートまで

持っていく田中選手特にあの二点目のシュートは素晴らしかった。

最近日本代表であんなシュート見たこと無いし目が覚めるような一発だった。

ただバックラインの3人まで全員変えたのは失敗だった、バックライン

のコントロールはぶっつけ本番では無理があると思う。

あれはジーコ監督の采配ミスでしかない。

あと安部選手、今野選手も目立たないけどいい仕事してた。

とにかく今日のスタメンは荒いところがあるが、今の日本代表

と違ってまだまだ伸びる可能性を秘めたメンバーの様な気がした。

また寝られなくなるところだったが、今日は田中選手のおかげで

助けられた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月 2日 (火)

先発メンバー総入れ替え 中国戦に新戦力を全員起用=サッカー日本代表

 東アジア選手権2回戦中国戦でジーコ監督は代表選手11人を

入れ替えるという賭けに出た。ジーコ監督も前の北朝鮮戦でかなり

頭にきたらしいが、出来たら北朝鮮でこれをしてほしかった。

なぜなら欧州勢を除く現フル代表で格下の北朝鮮に負けたと

なるとジーコ監督自身たたかれるし、北朝鮮がほとんどの

メンバーを入れ替えて来たのならこちらも新しい戦力を試す

チャンスだったような気がする、ただ負けることが許されない

日本代表にとってはそれが出来ない状況だったとは思うが・・

ただ次の中国戦で負けるとなると余計に批判されるので

ジーコ監督にとっても一か八かの勝負になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII

昨日7月29日に行われたK-1 WORLD GP 2005 in HAWAII

のテレビ放送があった。

トーナメントではK-1 WORLD GP 出場をかけて8人が戦い

ゲーリーグッドリッチが優勝して出場権を獲得した。

今回のゲーリーは凄かった、相手もK-1初出場の選手が多く

あまりにも一方的で少し見ていてかわいそうになった。

しかし今回トーナメントで一番がんばったのはJAPAN

のぶんぶん丸藤本選手だった。決勝ではゲーリー相手に

一歩も引かずに打ち合って最後は一回戦のフルラウンド

戦った疲れが出てKOされたがすばらしいファイトだった。

ちなみに今回マイク・タイソンが観戦していたが、藤本

選手はタイソンに試合を申し込みに行ったというから

凄い根性だ。

ワンマッチでは武蔵選手がリカルド・ノーストランドと戦い

判定勝ち、この試合相手のリカルドは現王者のレミーボンヤスキー

からダウンも奪った事のある実力者だったが、進化した武蔵選手

にいいようにやられて敗退した。

武蔵選手も調子はもう一つと言っていたがやっぱり強いのを

証明したと思う、次のGPも期待できそうだ。

メインのVSチェホンマン戦は試合になってなかったような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

東アジア女子大会

 今日行われた第一回東アジアサッカー女子大会は、

昨日の男子同様1-0で北朝鮮に敗北した。

うーん、悪い予感が当たってしまった前回北朝鮮には快勝

していただけに今回男子の仇はとってくれると思ったのだが・・・

今大会はどうも不陰気が悪い、確かにアウェーではあるが

日本を目の仇にしてるというか、でもそれだけ日本サッカー

が強くなった証拠でもあるのだが・・・

この逆境を乗り越えて次は男子もなでしこジャパンも快勝

してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »